おまとめに最適なカードローンはどこ?

MENU

おまとめに最適なカードローンはこちら

複数社の借入を一本化するには「おまとめ」が最適です。

 

「おまとめ」は消費者金融や銀行カードローンでもまとめる事が出来ますが、「おまとめ」の目的でもある、金利を下げるという事を考えると、銀行カードローンがおすすめです。

 

銀行カードローンの中には「おまとめ」を勧めているカードローンがあります。「おまとめ」しようと思う時は、それらのカードローンへ申込む事をおすすめします。

 

おまとめを勧めている銀行カードローンを比較す」

おまとめを勧めている銀行カードローンは「オリックス銀行カードローン」や「三井住友銀行カードローン」、特におまとめを勧めているわけではありませんが、おまとめの利用者が多い「三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック」があります。

 

大手消費者金融のスペックはほとんど同じですが、銀行カードローンは独自の審査基準があるので、金利や融資限度額に違いが出てきます。

 

たとえば、

銀行名 金利 融資限度額 収入証明書類
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8% 800万円 300万円以上
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 800万円 300万円以上
三菱東京UFJ銀行「バンクイック 1.8%~14.6% 500万円 200万円以上

のように、金利や融資限度額が違っています。おまとめに利用する場合は、できるだけ金利が低いところを選ぶ必要が有りますが、この表では上限金利と下限金利だけしか解らないので、利用限度額に対する金利を比較してみる必要が有ります。

 

利用限度額 オリックス銀行 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行
700万円~800万円 1.7%~4.8% 4.0%~4.5%
600万円~700万円 3.5%~5.8% 4.5%~5.0%
500万円~600万円 5.0%~6.0%
400万円~500万円 4.5%~8.8% 6.0%~7.0% 1.8%~6.1%
300万円~400万円 7.0%~8.0% 6.1%~7.1%
200万円~300万円 5.0%~12.8% 8.0%~10.0% 7.1%~9.6%
150万円~200万円 10.0%~12.0% 9.6%~12.6%
100万円~150万円 16.0%~14.8%
100万円 12.6%~14.6%
100万円未満 12.0%~17.8% 12.0%~14.5%

 

おまとめにおすすめなのはどこ?

おまとめをしたいと考えた時、100万円以上200万円程度あればおまとめが出来るのではないでしょうか?

 

その範囲で考えた場合、オリックス銀行カードローンの金利は最大で12.8%、三井住友銀行カードローンは10.0%、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は9.6%になります。

 

金利面から考えると、1番低金利なのは「バンクイック」続いて「三井住友銀行カードローン」、3番目に「オリックス銀行カードローン」の順になります。

 

ただ、金利の低さは借入に影響しますが、審査に通る事を考えた場合、金利が低ければ低いほど審査が厳しくなります。ですから、金利の比較も大切ですが、それ以上に審査に通る事を考えなければなりません。

 

「オリックス銀行カードローンがおまとめに適している理由」

銀行カードローンの「おまとめ」に関しては、審査が厳しいというイメージがあるため、敬遠されがちですが、オリックス銀行カードローンは、消費者金融から借り換えて一本化する事に力を入れている銀行です。実際に多くの人がオリックス銀行でおまとめローンを利用しています。

 

銀行のおまとめローンといえば、オリックス銀行と認知されつつあり、おまとめをする時でも、気軽に申し込みできる事がオリックス銀行カードローンのメリットとも言えます。

 

また、300万円までは原則、収入証明書不要な事と、提携ATMが全国に約95,000台以上が借入返済と何度でも無料で利用できるのも、利用者にとっては非常にありがたいことです。

 

提携コンビニATMのセブン銀行やローソン、E-netはもちろん、大手金融機関の三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、イオン銀行、西日本シティ銀行の提携ATMまでが完全無料なのはオリックス銀行カードローンの大きな特徴と言えます。

 

オリックス銀行カードローンの審査は厳しい?

結論から言うと、オリックス銀行カードローンの審査を通す事は、それほど不安に考える必要はありません!!

 

第一の理由として、最低金利は低いですが、最高金利は消費者金融と同じレベルの17.8%になっています。上限金利が高いと言うことは、ある程度リスク高い層(いわゆる属性があまり良くない人)にも貸付ができる金利設定となっているからです。

 

仮に上限金利が大手銀行並みの14%~14.6%に設定されているとしたら、審査は非常に厳しいものになります。しかし、あえて17.8%に設定している事は、フリーローンやおまとめ、借り換えも含め、積極的に融資するという姿勢に見えます。

 

次に、オリックス銀行カードローンはオリックス・クレジット株式会社と、新生フィナンシャル株式会社の2社が保証会社になっています。

 

銀行カードローンは、保証会社の保証がなければ借入をすることができません。一般的に銀行カードローンの保証会社は同じグループ内の消費者金融や信販会社などが保証会社になっていて、通常は1社のみの保証会社です。しかし、オリックス銀行は2社の保証会社があることによって、どちらかの保証審査が通れば保証を受けられることになります!

 

これは申込み者にとって非常にメリットになります。仮にオリックス・クレジット株式会社の保証審査が通らなくても、新生フィナンシャル株式会社で保証審査が通れば、保証されるので銀行はリスク無く貸付ができます。

 

銀行カードローンを借りる上で、一番のネックは保証会社の審査に通る事が一番です。オリックス銀行は、保証会社が2社ある事で、他の銀行カードローンと比べても、比較的審査が通りやすくなっていると言えます。